施設案内

ホーム > 施設案内 > 体験学習施設ぐりんぐりん

体験学習施設ぐりんぐりん

体験学習施設ぐりんぐりんは、花と緑をテーマとする各々1,000m²程度の3つのスペースを兼ね備えていて、
それぞれ異なる内部空間・テーマをもっています。
北ブロックは広い広場をもつ緑に囲まれたフリースペース、中央ブロックは亜熱帯の植生展示を中心としたスペース、
南ブロックはワークショップやガーデニング体験が可能なスペースとなっています。


施設利用料 大人(15歳以上) 100円
小人(4歳以上) 50円
3歳以下 無料
開館時間 9:00~17:00
休館日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
休園日 12月29日~1月3日
グリッピ

ぐりんぐりん案内図

屋上

有料施設からはぐりんぐりんの屋上へ上がる事が可能で、屋上からは公園内は勿論のこと、遠くの山や街や海などが360度の大パノラマで一望できるスペースとなっています。

南ブロック
草花・熱帯魚水槽
体験学習コーナー

南ブロックでは、色とりどりの草花や果樹などの展示がしてあるほか、大きな水槽には水草や熱帯魚が飼育されており、水生生物の観察も行うことができるスペースとなっています。

中央ブロック
亜熱帯・熱帯学習コーナー
蝶観察・さなぎ展示

中央ブロックの亜熱帯は、マレーシアの姉妹都市イポー市からの寄贈が数多く展示されており、「亜熱帯マレーシア」の植生を再現しています。さらに年間650鉢の蘭の展示を行いますので、1年を通じて蘭の花を楽しむことができるスペースとなっています。

北ブロック
グリーンギャラリー(フリースペース)

北ブロックは広い広場をもつ緑に囲まれたフリースペースです。


オオゴマダラについて

東南アジアなどに広く暮らし、日本では沖縄から南に分布しています。
ふんわりゆったり飛んで花に集まり、季節を問わず繁殖するので
体験学習施設ぐりんぐりんの中では一年中見ることができます。

館内はバタフライガーデンになっているので、
間近で成長過程も観察でき、美しいことで有名な
オオゴマダラの金色の蛹(さなぎ)も一緒に見ることができます。